借地権の買取りとは

さて、借地権の種類について取り上げましたが、少しだけそこを掘り下げてみましょう。契約は、双方の同意があってはじめて成り立つものですが、この借地権においても、いわば、どちらかが『一方的に解約を申し出る』、というような事態が、発生し得ない、とは言いきれません。借地権は長期間にわたる契約ですので、その途中や更新時に、地主の側が契約(更新)を認めない、ということがあるかもしれません。この場合、借りた側に取っては、いわゆる損となります。これからもその土地を用いて住居等として用いたいのに、そうできなくなるからです。地主がそれを、一方的に認めないからです。こういった場合に、通常の普通借地権で認められている、『建物買取請求権』が適用される場合があります。簡単に言うと、土地を借りている側が、貸し主に対して、借地権(建物)を買い取って貰うように、請求することです。これが認められた場合、広い意味で、借地権を買い取って貰うことになるのです。

土地の権利に関しては、難しい部分もあります。旧借地法から現法に改正されて、借地人と契約者の関係性が公平さへと近付きましたが、未だに旧借地で契約した契約があるでしょう。また、法律が複雑な借地権の買取りは専門家へ相談することでスムーズに進むこともあります。トラブルが起きる前に相談をしておくのもいいでしょう。

更新がない借地権とは

さて、その借地権には、『更新があるもの』と、『更新が無いもの』があります。そもそも更新が必要な理由は、長期間土地を借りることが出来るようにするためです。通常の借地権では、基本的に、最初の更新までの期間が、30年と設定されています。その後も利用すると言うことであれば、更新して20年、その語は10年、というように更新をし続けていくことができます。私達が住む住居目的で借りる場合がこれに当てはまるでしょう。それに対して、『定期借地権』という権利に関しては、借りられる期間が50年、と長めに設定されてはいますが、この権利は更新が出来ません。ですから、50年経過すると建物を取り壊して、土地を所有者に返還する必要があります。これは『一般定期借地権』という権利に相当し、それ以外に、事業のための施設を建設する際に結ぶ定期借地権である、『事業用借地権』は、設定される期間に一定の幅があります。

借地権だけでも、このような違いがあります。実はこの借地権、旧法のままでは問題がありました。借り主と、飼い主にとって、公平な権利ではありませんでした。ですから、現代になってそれが改正されて、所有車による解約などが行いやすくなりました。

借地権の目的とは

そもそもなぜ借地権が必要なのでしょうか。私達が住みたいと思ったところにそのままでは住めないのは、もちろんそこは他人の土地だからです。ですから、本来は誰にでも侵すことは出来ません。ただし、利害が一致した場合、土地を貸しても良い、と思えるでしょう。利害が一致、というのは、土地を借りる…いわばレンタルする側と、そのレンタル料を受け取る側、という関係です。土地を長い間借りる代わりに、私達はそのレンタル料としてお金を払うことによって、利害関係が一致します。そうすることによって、その土地に住むことができるのです。だからといって、私達がその借りた土地を好きに扱って良い、というわけではありません。あくまで目的の範囲内で用いる必要があり、建物を増築したり改築したりする際にも、地主の許可が必要となります。

個々で考えてしまうのは、そもそも契約を結んでも、お金を払わない人がいるのではないか、という点です。そういった場合、土地所有者はその契約を解約することができます。本来の法律ではそのハードルが高かったのですが、現在の法律では、正当な理由があったときの、土地所有者による解約という点が、行いやすく改正されました。

家を建てるには、借地権

新築の家に住みたいと思っている人はそう願っているだけでは達成できません。実際に家を建てる必要がありますが、家を建てる場所を確保しなければなりません。そこで、土地を用意する必要があります。といっても私達は誰もが自分の土地を持っていませんから、誰かから借りる必要があります。住みたい土地の土地所有者に借りてはじめて、そこの土地に家を建てる必要があります。土地を借りたら、基本的には家を建てるために用いなければなりません。そして、大事なのはその土地を借りていると言うことですから、一定期間が完了したら返すのが普通です。しかしここで問題になるのは、そもそも家は5年とか10年で取り壊すものでも、誰かに返すものでもありません。もっと長く住むことができます。では、どうすれば良いのでしょうか。そうです、その契約を更新して、もっと長い間家を借りることができるように、手続きをおこなう必要があるのです。場合によっては断られるかもしれませんが、今まで支払いを怠っていなかったりしたら、契約を更新できる可能性が高いでしょう。そうすることによって、家を失わずに、もっと長期間住むことができます。

簡単に説明したこれらのことは、いわゆる『借地権』に関連した事柄です。借地権に関して、私達は普段知ることはあまりありませんが、もしそれが必要になった時に知っていることによって、よりスムーズに対応ができますし、今後のことも考えられます。