借地権の目的とは

そもそもなぜ借地権が必要なのでしょうか。私達が住みたいと思ったところにそのままでは住めないのは、もちろんそこは他人の土地だからです。ですから、本来は誰にでも侵すことは出来ません。ただし、利害が一致した場合、土地を貸しても良い、と思えるでしょう。利害が一致、というのは、土地を借りる…いわばレンタルする側と、そのレンタル料を受け取る側、という関係です。土地を長い間借りる代わりに、私達はそのレンタル料としてお金を払うことによって、利害関係が一致します。そうすることによって、その土地に住むことができるのです。だからといって、私達がその借りた土地を好きに扱って良い、というわけではありません。あくまで目的の範囲内で用いる必要があり、建物を増築したり改築したりする際にも、地主の許可が必要となります。

個々で考えてしまうのは、そもそも契約を結んでも、お金を払わない人がいるのではないか、という点です。そういった場合、土地所有者はその契約を解約することができます。本来の法律ではそのハードルが高かったのですが、現在の法律では、正当な理由があったときの、土地所有者による解約という点が、行いやすく改正されました。