更新がない借地権とは

さて、その借地権には、『更新があるもの』と、『更新が無いもの』があります。そもそも更新が必要な理由は、長期間土地を借りることが出来るようにするためです。通常の借地権では、基本的に、最初の更新までの期間が、30年と設定されています。その後も利用すると言うことであれば、更新して20年、その語は10年、というように更新をし続けていくことができます。私達が住む住居目的で借りる場合がこれに当てはまるでしょう。それに対して、『定期借地権』という権利に関しては、借りられる期間が50年、と長めに設定されてはいますが、この権利は更新が出来ません。ですから、50年経過すると建物を取り壊して、土地を所有者に返還する必要があります。これは『一般定期借地権』という権利に相当し、それ以外に、事業のための施設を建設する際に結ぶ定期借地権である、『事業用借地権』は、設定される期間に一定の幅があります。

借地権だけでも、このような違いがあります。実はこの借地権、旧法のままでは問題がありました。借り主と、飼い主にとって、公平な権利ではありませんでした。ですから、現代になってそれが改正されて、所有車による解約などが行いやすくなりました。