借地権の買取りとは

さて、借地権の種類について取り上げましたが、少しだけそこを掘り下げてみましょう。契約は、双方の同意があってはじめて成り立つものですが、この借地権においても、いわば、どちらかが『一方的に解約を申し出る』、というような事態が、発生し得ない、とは言いきれません。借地権は長期間にわたる契約ですので、その途中や更新時に、地主の側が契約(更新)を認めない、ということがあるかもしれません。この場合、借りた側に取っては、いわゆる損となります。これからもその土地を用いて住居等として用いたいのに、そうできなくなるからです。地主がそれを、一方的に認めないからです。こういった場合に、通常の普通借地権で認められている、『建物買取請求権』が適用される場合があります。簡単に言うと、土地を借りている側が、貸し主に対して、借地権(建物)を買い取って貰うように、請求することです。これが認められた場合、広い意味で、借地権を買い取って貰うことになるのです。

土地の権利に関しては、難しい部分もあります。旧借地法から現法に改正されて、借地人と契約者の関係性が公平さへと近付きましたが、未だに旧借地で契約した契約があるでしょう。また、法律が複雑な借地権の買取りは専門家へ相談することでスムーズに進むこともあります。トラブルが起きる前に相談をしておくのもいいでしょう。